10代女性 生え際部分の抜け毛・薄毛の原因は?

【抜け毛・薄毛の原因は年齢を問わない】

 

最近では、女性であっても男性ホルモンの割合が多くなり、薄毛に悩む人が増えています。
インターネットのおかげで、これらの情報を知っている人も多いはずです。
しかし、さすがに「私はまだ大丈夫だ。」と、10代の女性は思っているかもしれません。
いえいえ、油断は禁物ですよ。

 

例え、いくつであっても女性なのに男性ホルモンの割合が増える原因は大きく変わりません。
ここで、あえて主な原因を挙げてみましょう。

  • 睡眠不足
  • 栄養バランスの偏り
  • 間違ったヘアケア

このように、女性の薄毛の問題に年齢による差はないのです。
つまり、ホルモンバランスよりも生活習慣が関係していることが多いのです。

 

【思春期に多い抜け毛・薄毛の原因】

10代というと、勉強や部活さらには、遊びに大忙しでしょう。
朝起きて、外出の準備をして髪を整えているときにこんな気がしませんか?
なんとなく、生え際の髪の毛が細くなって後退している気がしたら要注意です。

 

いつも見ているあなたの判断は、間違いではないことがほとんどです。
では、どうしてこんなことが起こると思いますか?

 

  • 生え際を中心に日焼けが深刻化
  • お気に入りの髪型が負担をかける
  • カラーリングなどにより、髪の毛が細くなっている

 

これらについて、詳しく説明しましょう。

 

10代が抱える薄毛や抜け毛の悩みが増えるのは、夏場の割合が高いのです。
これは、主に「髪の毛の日焼け」が深刻化するためです。

 

 

【生え際部分の抜け毛・薄毛の症状と対策】

髪の毛の日焼けに注意

夏場には日焼け止めが手放せずに、汗をかく度に塗り直していませんか?
しかし、日焼けをするのは肌だけではないのです。
同じように、髪の毛も日焼けのリスクにさらされています。

 

最近では、スプレータイプで髪に塗る日焼け止めがあります。
それらや、帽子をうまく使って髪と生え際を守りましょう。

 

ひっつめ髪の人に多い生え際の弱り

髪を伸ばしていて、邪魔にならないようにヘアゴムで止めている人に多いのです。
痛みを感じるほど強く縛れば、その分だけ生え際に負担がかかるので気を付けましょう。

 

カラーリングでキューティクルが痛む

カラーするとき、地毛との差を埋めるために生え際には、入念に色を染みこませます。
この成分が、生え際を中心とした髪の根元に集結して髪の健康を阻害しがちなのです。

 

このように、普段は何気なく行なっていることが、髪の健康を脅かしています。
そのままにしておくと、どんどん髪が細くなり、生え際から薄くなってしますのです。
抜け毛まで生じて深刻化する前に対策することが、とても重要です。