えっ?!それって本当?遺伝で10代女性でもハゲることはある?

【男性と少し事情が異なる女性の薄毛問題】

 

10代の女性でも、薄毛で悩んでいる方は、決して少なくありません。
場合よっては、薄毛の原因が遺伝だと、考えられている方もいるでしょう。
特に、両親ともに薄毛の場合には、諦めてしまっていることもあるほどです。

 

果たして、ハゲやすいかどうかは遺伝で決まってしまうものなのでしょうか?

 

薄毛の原因は様々ですが、男性と女性とでは少し事情は異なります。
男性の薄毛の場合、男性ホルモンの影響が多いとされています。
一方、女性の場合の薄毛は、ホルモンバランスの乱れによることが多いでしょう。
女性であっても、男性ホルモンを有していないわけではありません。
しかし、ホルモンバランスが乱れると、女性でも男性ホルモンが優位になることがあるのです。

 

 

この話は、男性の薄毛でも、一般的に言われていることです。
現在のところ、医学的にも女性の薄毛の原因が遺伝するのかどうかはハッキリしていません。

 

 

【遺伝が疑われる場合】

母親と父親、両親とも薄毛という家庭環境もあるでしょう。
その場合、遺伝の影響は大きく現れるかもしれません。
薄毛に関係する遺伝子の要因が増えるためです。

 

女性の場合、遺伝による薄毛も、男性と比較して少ないとされています。
遺伝による薄毛は、男性型脱毛症と呼ばれる症状です。

 

【家庭環境という遺伝】

女性の場合、遺伝子の問題による薄毛の確率は、少ないのが現実です。
しかし、家族と同居している場合、生活習慣による影響も考えられます。
毛根の育成に好ましくない食生活や不規則な睡眠時間などをおくらないようにして下さい。
喫煙や飲酒の習慣なども、女性の薄毛を進行させるとされています。
気づかないうちに、薄毛につながる生活をしているかもしれません。

 

本当の意味での遺伝とは少し異なる状況ですが、注意が必要です。

 

【深刻な場合は専門科へ】

もちろん、気になる薄毛の具体的な原因がわからない場合、女性でも遺伝が考えられます。
対策を施しても薄毛が改善できないようであれば、皮膚科などの病院を受診してみましょう。